サーボテクノ PMAシリーズ

概要

PMAシリーズは、サーボ性能の追求を計りながら、低価格を実現したDCサーボドライバです。

電源は、単一電源でAC、DCどちらでも可能です。
電源電圧範囲は、AC16V〜110V又はDC20V〜150Vです。
※PMA xx-24Vは24Vバッテリー専用です。

制御ループは、速度・トルク(電流)・*電圧・*位置が選択できます。(*オプション)
※PMA xx-24Vは電流制御のみです。

特長

高性能

◇速度分解能5000:1
◇電流応答200μs以下(抵抗負荷)

多機能

[標準] ◇速度制御 ◇トルク(電流)制御

[オプション]◇電圧制御 ◇位置制御 ◇FV(エンコーダフィードバック)

       ◇PLL制御

軽量・コンパクト・ローコスト

◇コスト上不利なHIC化をしないで、基板に直接面実装部品を使用することで
 コストダウンを実現し、放熱フィンをケースと一体にすることで軽量・小型化
 されました。   

単一電源

◇AC16V〜110V又はDC20V〜150Vと電源の入力範囲が広く、
 モータ定格電圧に応じた最適な電源を入力することができます。

◇バッテリー駆動も可能です。

絶縁型電流センサ

◇ホール素子を使った小型で高性能な電流センサーを使用していますので、
ノイズの影響が無い安定した電流制御が可能です。

その他

◇ダイナミックブレーキ内蔵

◇過大電圧(回生)保護

◇過熱保護

◇出力短絡保護

◇低電圧検出誤動作防止

◇出力電流モニタ

用途

各種ロボット、XYテーブル、測定器、パワーアンプ、可変電源、VCM、AGV、その他

オプション (PMA xx-24Vは除く)

型 名 仕 様 取付方法 説 明
電圧制御 本体に部品追加 主回路とは、100KΩのハイインピーダンス抵抗でつながります。
タコゼネが無くて、ある程度可変したい場合に使用します。
また、±出力の可変電源として使用できます。(外部リアクトル追加)
FVPA エンコーダ
フィードバック制御
本体にボード組込み エンコーダフィードバックにより速度制御をする場合に使用します。
PA1 アナログ位置制御 本体にボード組込み ポテンショフィードバックにより、簡単な位置決め制御をする場合に使用します。
電流制限入力 電流制限値を外部指令0〜+10V入力することで変更できます。
タコゼネモニタ出力 タコゼネ電圧を1/4にして出力します。(例:21V→5.2V)
PS2 回生吸収ユニット 外部接続 回生エネルギーが大きくて、ドライバー内部で吸収できない場合に使用します。
IS 入力信号
アイソレーション
本体にボード組込み VEL/CUR、FREE、LSF、LSR、DBK、GLOWの各信号入力及び
アラーム出力がフォトカプラにより絶縁されています。

定格及び仕様

PMAシリーズ仕様書 ダウンロード

FVPA(オプション)仕様書 ダウンロード

PA1(オプション)仕様書 ダウンロード

PMA2-24VTシリーズ仕様書 ダウンロード

PMA12/20-24Vシリーズ仕様書 ダウンロード



ServoTechno